ASANUMA GIKEN

試作品製作なら浅沼技研

アルミ鋳造・加工・受託測定

Scroll

BUSINESS

事業紹介

NEWS & TOPICS

新着情報

2021.10 [お知らせ] NEWSWEEK 国際版にインタビューが掲載されました
2021.10 [ 展示会 ] 「第24回 関西 機械要素技術展」に出展しました
2021.05 [ 展示会 ] 「人とくるまのテクノロジー展2021 ONLINE」に出展します
2021.04 [お知らせ] 一部製品の販売終了
2021.03 [お知らせ] 事業継続力強化計画 について認定されました
2021.01 [お知らせ] ブロックゲージ校正 サービス内容変更
2019.05 [ 展示会 ] 「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」に出展します

RECRUIT

採用情報

浅沼技研は【ものづくり】をしている会社です。
次世代車両や先進製品の製品開発を支援する試作メーカーです。
ものづくりが好きな方、ものへのこだわりを持っている方を大募集します。

採用情報

TOP MESSAGE

代表挨拶

私たちは創業より「世界に通用するものづくり」を目指し、「長さ」の標準化基準に沿った
鋳造・機械加工・測定・検査までの一貫体制づくりに邁進してまいりました。
この理念のもと、素材分野においては、チクソキャスティング法(アルミ半溶融成形法)を活
用した「ハイブリッドモールド」鋳造技術を開発しました。そして機械加工を始めとする製造
環境においては、品質への影響を最小限に抑えるため全館恒温室体制を確立。
計測分野においてはJCSS(lab code:JCSS0087)・NVLAP(lab code:200536-0)より
ブロックゲージ校正事業の認定(Accreditation)を取得。さらには
当社オリジナルの三次元測定機日常点検ツール「クォリティーマスター」はNISTにて直接値
付けをすることにより米国国家計量標準とのトレーサビリティを確保。
3次元測定の校正ラボとして日本初となるNVLAP認定の資格を取得しております。
今後の「ものづくり」は、ますますグローバル化が進み、日本の製造業はこの流れに対応し
ていかなければなりません。私たちが手がける「ASANUMAブランド」製品が世界標準にな
るよう、今後もお客様に喜ばれる製品づくりを目指して参ります。

Since its founding, Asanuma Giken has endeavored to provide world-class manufacturing techniques, and has worked to put in place an integrated production process with each step from casting, machining, measurement, through to inspection following standardized criterion for length. Working from this philosophy, in the materials domain we have developed 'hybrid mold' casting technologies that utilize the thixo-casting (semisolid aluminum casting) process. Asanuma Giken has established a facility-wide constant-temperature system for machining and other production environments, and this minimized the effect of temperature on quality. Asanuma Giken has acquired gauge block calibration accreditation from JCSS(lab code:JCSS0087)/NVLAP(lab code:200536-0). Additionally, the company’s own 'Quality Master' daily check tool for CMM complies with United States measurement standards by receiving calibration directly from NIST. Our laboratory was the first calibration laboratory in Japan to be accredited for dimensional measurements. The Japanese manufacturing industry must respond to ongoing globalization trends in machining and other production environments, and to this end, we will continue to work to create products that satisfy our customers so that our ‘Asanuma brand’ can become a global standard.